コンバーティング
テクノロジー総合展 2016

「新機能性材料展」、「プリンタブルエレクトロニクス」、「3次元表面加飾技術展」の3展を軸に、未来を切り開く日本のコンバーティングの底力を世界に発信

コンバーティング
テクノロジー総合展 2016

  • 新機能性材料展 2016
  • プリンタブルエレクトロニクス 2016
  • 3次元表面加飾技術展 2016

開催概要

主催:株式会社 加工技術研究会
共催:ICSコンベンションデザイン
開催期間:2016年1月27日(水)~29日(金)
開場時間:10:00~17:00
会場:東京国際展示場(東京ビッグサイト)
東ホール&会議棟
予定来場者数:50,000名
入場料:3,000円
(但し、Webサイトで事前登録された方は入場無料)
出展に関するお問い合わせ先:
株式会社 加工技術研究会 con@ctiweb.co.jp
展示会事務局:
新機能性材料展2016 kinousei@ics-inc.co.jp
プリンタブルエレクトロニクス2016 printable@ics-inc.co.jp
3次元表面加飾技術展2016 convertech@ics-inc.co.jp

最新のフロアレイアウト・ご不明点については、上記問合せ先までご連絡お願いいたします。

出展申込受付中!

※小間位置は先着順でお選びいただけます。
※キャンセルや小間数変更が無料の"仮予約制度(7月末まで)"をご利用ください。

新機能性材料展2016

“新しい”付加価値を創造する
機能性マテリアルの総合展

機能性付与技術によって創造された機能性マテリアルは、エレクトロニクス、メディカル・ヘルスケア、食品・飲料、情報通信、環境・エネルギーまで、幅広い市場を対象とし、市場のニーズと製品開発のマッチングを創出します。

ナノテクノロジー関連で世界最大の展示会「nano tech国際ナノテクノロジー総合展・技術会議」と同時開催。

「新たな3つのゾーン」最先端の機能性材料・素材が一同に会するマテリアルゾーンに加え、テクニカルゾーン(受託加工、他)/メカニカルゾーン(装置・機械)を新設!

出展対象分野

  • マテリアルゾーン

    マテリアルゾーン - 出展対象分野

    高機能フィルム
    光学フィルム/電材フィルム/太陽電池・二次電池・燃料電池用フィルム/ハイバリアフィルム/高耐熱フィルム/高硬度フィルム/透明導電フィルム/自動車・産業用フィルム/包装・メディカルフィルム/建材用フィルム/他
    機能性マテリアル
    各種基材フィルム/箔/紙/不織布/複合材料/セルロースナノファイバー/コーティング材/塗料/インキ/接着剤/粘着剤/硬化剤/カプセル材料
    機能性樹脂・機能性添加剤
    ポリマー/エラストマー/帯電防止剤/銀粉/グラフェン/放熱コンパウンド/電極材/界面活性剤/消泡剤/分散剤/各種防止剤/各種改質剤/顔料/他
  • テクニカルゾーン

    テクニカルゾーン - 出展対象分野

    受託加工ビジネス(製膜・成膜、表面処理、コーティング、ラミネーティング技術、スリッティング技術、抜き・穴開け、エンボス加工)/表面処理技術/表面研磨技術/重合技術/配合技術/分散技術/粉砕技術/製膜技術/その他

  • メカニカルゾーン

    メカニカルゾーン - 出展対象分野

    コーター/真空成膜装置/ラミネーター・貼合装置/印刷機械/スリッター/巻取機/フィルム製膜装置・関連装置・機器/検査装置/各種制御装置・機器/各種ローラー/ウェブハンドリング関連装置・機器/除塵・静電気除去装置/刃物/試験・計測・分析機器/造粒・粉砕・混合機器/その他周辺機器

プリンタブルエレクトロニクス2016

微細印刷技術、フレキシブル材料、導線性材料が生み出す次世代電子デバイス開発の最先端が集結します。

また、併設するシンポジウムを通じて、国内外からの最新の技術、動向、アプリケーションを紹介し、参加者に市場参入への足掛かりを提供します。

「プリンタブルエレクトロニクス大賞」プリンタブルエレクトロニクス大賞を実施し、優れた技術・製品を評価。<br>業界の産業促進に貢献している出展者を賞するとともに業界の一層の技術向上を図ります。

  • 出展対象分野

    プリンタブルエレクトロニクス - 出展対象分野

    プロセス技術・装置:インクジェット/スクリーン印刷/微細パターン露光装置/乾燥・硬化・焼成装置/材料:導電性インク/絶縁性インク/機能性フィルム/デバイス:フレキシブルデバイス/有機TFT/有機EL/測定・評価・分析装置/他

3次元表面加飾技術展2016

加飾技術はこれまで意匠性の向上を主な目的としてきました。

最近では機能や性能だけでは差別化が難しくなり、見た目に加えて、肌に触れたときのさわり心地や、その快適性、本物がもつ風合いを実現することで生まれる高級感など、感性に訴求するモノづくりが求められてきています。

3次元表面加飾技術展は「材料」「装置」「技術」を通して、これまでにない付加価値を提案する場として開催されます。

「オープンセッション」モノづくりやデザインの最前線に立つ「ユーザー」「デザイナー」から、材料やサプライヤーへの期待を語っていただく「オープンセッション」を開催いたします。オープンセッションではユーザーニーズだけでなく、最新の材料・装置に関する情報も積極的に発信していきます。

  • 出展対象分野

    3次元表面加飾技術展 - 出展対象分野

    加飾フィルム(インモールド用ラミネートフィルム、インモールド用転写フィルム、オーバーレイ転写フィルム、水圧転写用フィルム、蒸着フィルム、転写箔) /加飾・転写装置/インサート成型/印刷機/加飾成形技術/表面加工技術/特殊印刷加工技術/他

コンバーティング
テクノロジー総合展 2017

2015年と同様に、Convertech JAPANや新機能性材料展を中心とした6つの展示会を開催、次なる成長産業は何か、市場のニーズは何か、市場が抱えている課題は何かを見据え、メーカー、コンバーター、ユーザーが成長するための要素を取り込んだ総合展示会として開催します。

コンバーティング
テクノロジー総合展2016
2016年1月27日(水)~29日(金)
  • 新機能性材料展 2016
  • 新たな3つのゾーン | 「マテリアルゾーン」「メカニカルゾーン」「テクニカルゾーン」
  • プリンタブルエレクトロニクス 2016
  • 3次元表面加飾技術展 2016
コンバーティング
テクノロジー総合展2017
2017年2月(予定)
  • Convertech JAPAN 2017 | コンバーテックジャパン 2017
  • 新機能性材料展 2017
  • 3次元表面加飾技術展 2017
  • 先進印刷技術展 2017
  • プリンタブルエレクトロニクス 2017
  • 試作・受託加工展 2017

コンバーティング
テクノロジー総合展 2015

ご来場いただき誠にありがとうございました。

前回の開催報告(2015年)

開催期間:2015年1月28日(水)~30日(金)
来場者数:47,649
開催規模:272655小間
会場:東京国際展示場(東京ビッグサイト)
東ホール&会議棟
主催:株式会社 加工技術研究会
共催:ICSコンベンションデザイン
TOP